社員紹介

藤田 俊憲

これまでのキャリア
2003年に新卒でヒューマンリソシアに入社後、名古屋支社にて営業(5年間)、マネージャー職(3年間)に従事。
2011年に那覇支社の支社長に就任し、現在はプレイングマネージャーとして、営業活動、部下のマネジメント、支社の運営を行っています。

 
Q1 現在の仕事内容を教えてください

プレイングマネージャーとして人材派遣・人材紹介を中心として採用に関わるコンサルティング営業を自ら行いながら、営業2名・スタッフサポート担当1名・コーディネートマッチング担当1名のメンバーをまとめ、拠点の目標の数字を達成するのが大きな役割となります。特に会社の方向性や業界の動向・日々変化する市場の中で、どうすればより多くのお客様にサービスを提供できるか考えメンバーに浸透することが重要な業務のひとつだと考えてます。
まだまだ試行錯誤が続いてますが、毎月必ず決起会を行うなど、小さな拠点なりにメンバーが一丸となれる体制づくりを心がけております。

 
Q2 仕事のやりがいや、最も印象に残っていることはどんなことですか?
2011年の那覇支社着任直後には、担当しておりました大型プロジェクトを終了しなければならないという壁に直面しました。
プロジェクトにかかわるクライアント企業・就業スタッフの方には業務終了に伴い、大きな負担をお掛けしましたが、
業務終了時にはクライント企業担当者・スタッフさんは、「ありがとう」「ヒューマンリソシアさんで良かった」と感謝の言葉をかけて頂いたことが一番に印象に残ってます。
これまで社内外ともに多くの方に尽力頂いたプロジェクトで多くの苦労はありましたが、この瞬間、心身共に満たされた気持ちになりました。
その際の担当者とはプライベートで今でも飲みに行く機会があります。
 
Q3 入社を決めた理由を教えてください
社会人になってからは、より多くのことを学びたいとの思いで、営業職として様々な業界の顧客と接点がもてる人材派遣業界を中心に就職活動を行っておりました。
その中でも、ヒューマンリソシアの「世のため 人のため」とい企業理念に共感できたことが入社の決めてになります。
 
Q4 入社してから成長したと感じること、また今後の目標を教えてください
マネージャーとして、メンバーが何を考えてどうしたいと思っているかを常に把握しお互いの信頼関係を深めるためメンバー同士が何でも話せるような雰囲気を作り上げて意見交換できる場を設けたりすることを心がけてます。その影響もあり仕事面だけでなくプライベートでも周囲に気配りができるようになったと感じます。
今後の目標としては、現在の那覇支社を営業部・営業本部に組織拡大して、最終的には沖縄での現地法人化を目指しています。
 
Q5 現在、就職・転職活動をされている方へ、メッセージをお願いします
就職活動は自分と向き合ういい機会だと思います。まずは、様々な業界・職種にチャレンジし、より多くの説明会や選考会に参加し、より多くの人の話を聞くことを心がけてください。そうすることによって自分の可能性が広がったり、自分のやりたいことを発見できるはずです。とにかく納得がいくまで就職活動を続けることが大事です。