第3回:世界各国のIT技術者数~西・南ヨーロッパ編~

2020/03/23
第3回:世界各国のIT技術者数~西・南ヨーロッパ編~

IT先進国が集まる西・南ヨーロッパ、IT技術者の割合、伸び率ともに高い

ここまで、第1回ではアジア・オセアニア、第2回では米国・中南米のIT技術者についての調査結果をご紹介してきました。第3回となる今回は、IT先進国が集まるヨーロッパ地域のうち、西ヨーロッパと南ヨーロッパのIT技術者数についてフォーカスします。

◆世界92カ国のレポートは、下記にて公開しています
「92 カ国をデータで見みるITエンジニアレポートvol.1  世界各国のIT技術者数まとめ」
URL:https://git.resocia.jp/info/post-developers-around-the-globe-survey/


※本連載では、下記西ヨーロッパ9カ国、南ヨーロッパ10カ国を調査しています(※略称、順不同)
西ヨーロッパ:英国、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、アイルランド、ルクセンブルク
南ヨーロッパ:スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシャ、セルビア、クロアチア、スロベニア、北マケドニア、マルタ、モンテネグロ
※IT技術者数は、情報通信業に就業しており、国際標準職業分類 で「専門職」「技師、准専門職」に分類された人としています

 

 

西ヨーロッパ


西ヨーロッパのIT技術者数は295万9千人、最もIT技術者が多い国はイギリス

まずは西ヨーロッパ9カ国のIT技術者数についての調査結果をご紹介します。
図表①「各国の情報通信業就業者数とIT技術者数~西ヨーロッパ編」を見ていきたいと思います。
9カ国中、最もIT技術者が多いのはイギリスの93万3千人、次いで、ドイツの84万1千人、フランスの56万3千人と続きます。なお、日本のIT技術者は109万人ですから、トップのイギリスより日本の方が多い結果となりました。
また西ヨーロッパ9カ国のIT技術者数を合計すると295万9千人となります。米国が477万6千人ですから、西ヨーロッパ全体で米国の約6割程度のIT技術者数となりました。

図表①「各国の情報通信業就業者数とIT技術者数~西ヨーロッパ編」

<出典>国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成
<情報年>すべて2017年

 

 

IT技術者の割合が最も高いのはアイルランド、次いでイギリス、スイス

次に、全人口に占めるIT技術者の割合まとめた図表②「各国に占めるIT技術者の割合~西ヨーロッパ編」を見ていきます。この地域でIT技術者の最も割合が高い国は、1.74%のアイルランドで、1.41%のイギリス、1.29%のスイス、1.22%のオランダが続く結果となりました。日本は0.86%ですから、今回調査した西ヨーロッパ9カ国は全て、日本よりIT技術者の割合が高いということになります。

図表②「各国に占めるIT技術者の割合~西ヨーロッパ編」

※出典および情報年は、図表①と同じ

 

 

IT技術者の伸び率1位はルクセンブルク、2位でベルギー、3位アイルランド

続いて、西ヨーロッパ各国において、IT技術者がどのくらい増えているのかについて調べていきます。IT技術者数を、データが収集できた直近年と比較した増減率をグラフ化した、図表③「各国のIT技術者数の伸び率~西ヨーロッパ編」を見ていきます。
西ヨーロッパでIT技術者が最も増えているのはルクセンブルク。直近年と比べ、年16.67%も人数ベースで増加しています。次に、ベルギーの15.69%、アイルランドの10.53%と続き、この地域で最大のIT技術者数を有するイギリスは1.41%と微増、2位のドイツは増減率0%と横ばい、3位のフランスは8.48%と大幅に伸びている結果となりました。

図表③「各国のIT技術者数の伸び率~西ヨーロッパ編」

※出典および情報年は、図表①と同じ

 

 

南ヨーロッパ


南ヨーロッパのIT技術者は計115万9千人、スペイン、イタリアが大半を占める

次に、南ヨーロッパ10カ国のIT技術者についてみていきます。
南ヨーロッパ各国の情報通信業就業者数とIT技術者数をまとめたものが図表④です。
この地域でIT技術者が最も多いのは、スペインの44万7千人、次いでイタリアが44万人となりました。
南ヨーロッパ10カ国のIT技術者を合計は115万9千人ですから、スペインとイタリアの2カ国でこの地域の約8割を占めており、規模的には109万人の日本をわずかに上回る人数です。

図表④「南ヨーロッパ各国の情報通信業就業者数とIT技術者数」

<出典> 国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成
<情報年>すべて2017年

 

 

IT技術者の割合が最も高いのはスロベニア、次いでスペイン

次に、この地域において、全人口に占めるIT技術者の割合を、図表⑤「各国に占めるIT技術者の割合~南ヨーロッパ編」で見ていきたいと思います。
最もIT技術者の割合が高い国は、1.26%のスロベニア、次いで0.96%のスペインとなりました。この地域平均では0.8%と、西ヨーロッパの平均1.12%と比較しても、全体的に低い結果となりました。

図表⑤「各国に占めるIT技術者の割合~南ヨーロッパ編」

※出典および情報年は図表④と同じ

 

 

IT技術者の伸び率が高い国は、スロベニア、北マケドニア、ギリシャ

続いて、IT技術者数の伸び率を見ていきたいと思います。
IT技術者数を、データが収集できた直近年と比較した増減率をまとめたものが、図表⑥「各国のIT技術者の伸び率~南ヨーロッパ編」です。
最もIT技術者数の伸び率が高いのは、スロベニアの13.04%、次いで北マケドニアの11.11%、ギリシャの10.42%と続きます。また、IT技術者が最も多いスペインは5.67%と増加していますが、2番目のイタリアの伸び率は1.38%にとどまる結果となりました。

図表⑥「各国のIT技術者の伸び率~南ヨーロッパ編」

※出典および情報年は図表④と同じ

 

◆世界92カ国のレポートは、下記にて公開しています

「92 カ国をデータで見みるITエンジニアレポートvol.1  世界各国のIT技術者数まとめ」
URL:https://git.resocia.jp/info/post-developers-around-the-globe-survey/

 

SERVICE

ヒューマンリソシアでは、海外の優秀なITエンジニアを採用し、国内のIT企業に派遣する「Global IT Talent(GIT、ギット)サービス」を展開しています。
GITサービス詳細は、git.resocia.jpにてご確認ください。

> GITサービス詳細へ

合わせて読みたい

第2回:世界各国のIT技術者数~米国・中南米編~

第5回:世界各国のIT技術者数~中央・西アジア編/アフリカ編~

第13回:世界各国のIT分野の卒業者数は?~西・南ヨーロッパ編~