第4回:世界各国のIT技術者数~東・北ヨーロッパ編~

 Human Resocia

IT技術者の割合・伸び率が目覚ましい注目地域

第3回となる前回では、西ヨーロッパ・南ヨーロッパのIT技術者についてレポートしました。
第4回の今回は、近年ITスタートアップが集結するなど注目を集める国々が多数存在する東ヨーロッパと北ヨーロッパを取り上げ、IT技術者についてまとめています。


◆世界92カ国のレポートは、下記にて公開しています。
「92 カ国をデータで見みるITエンジニアレポートvol.1  世界各国のIT技術者数まとめ」
URL:https://git.resocia.jp/info/post-developers-around-the-globe-survey/
 

※本連載では、下記東ヨーロッパ10カ国、北ヨーロッパ8カ国を調査しています(※略称、順不同)
東ヨーロッパ:ロシア、ポーランド、ウクライナ、ルーマニア、チェコ、ハンガリー、ベラルーシ、ブルガリア、スロバキア、モルドバ
北ヨーロッパ:スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、ラトビア、リトアニア、エストニア、アイスランド
※IT技術者数は、情報通信業に就業しており、国際標準職業分類 で「専門職」「技師、准専門職」に分類された人としています

東ヨーロッパ

東ヨーロッパのIT技術者数は、10カ国で183万人と日本の1.7倍

まずは東ヨーロッパ10カ国にて、情報通信業就業者数とIT技術者数を、図表①「各国の情報通信就業者数とIT技術者数~東ヨーロッパ編」で見ていきたいと思います。
東ヨーロッパでIT技術者が最も多いのはロシアの88万7千人であり、次いでポーランドが29万5千人、ウクライナが18万4千人、ルーマニアが12万8千人と続きます。
これら東ヨーロッパ10カ国のIT技術者数を合計すると183万人となり、109万人である日本の約1.7倍のIT技術者が、東ヨーロッパで活躍していることがわかります。

図表①「各国の情報通信就業者数とIT技術者数~東ヨーロッパ編」

<出典>国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成
<情報年>2017年

IT技術者の割合が最も高いのはチェコ、ロシアは比較的低い結果

次に、東ヨーロッパ各国において、全人口に占めるIT技術者の割合を見ていきます。図表②「各国に占めるIT技術者の割合~東ヨーロッパ編」にあるように、この地域でIT技術者の最も割合が高い国は、チェコの1.12%、次いでブルガリアが0.99%、スロバキアが0.90%となりました。これら3カ国は、0.86%である日本と比べ、IT技術者の割合が高い国となります。なお、東ヨーロッパで最もIT技術者が多いロシアは0.62%と、割合としては低い結果となりました。

図表②「各国に占めるIT技術者の割合~東ヨーロッパ編」

※出典および情報年は図表①と同じ

IT技術者数の伸び率が最も高いのはルーマニア、次いでポーランド、ブルガリア

続いて、東ヨーロッパ各国において、IT技術者がどのくらい増えているのかについて調べていきます。IT技術者数を、データが収集できた直近年と比較した増減率を、図表③「各国のIT技術者数の伸び率~東ヨーロッパ編」で見ていきたいと思います。この地域にて、最もIT技術者数の伸び率が高い国は、ルーマニアの10.34%であり、9.26%のポーランド、7.69%のブルガリアが続きました。なおロシアについては、直近年のデータが確認できず、ウクライナは直近年のデータが2012年となるため、参考値として記載します。

図表③「各国のIT技術者数の伸び率~東ヨーロッパ編」

※出典および情報年は図表①と同じ。ウクライナのみ対2012年比で算出

北ヨーロッパ

北ヨーロッパ8カ国のIT技術者数の合計は52万5千人、国別では19万4千人のスウェーデンがトップ

次に、北ヨーロッパ8カ国について見ていきたいと思います。
まずは、図表④「各国の情報通信就業者数とIT技術者数~北ヨーロッパ編」にて各国のIT技術者数を見ていきます。
北ヨーロッパでIT技術者が最も多いのは19万4千人のスウェーデン、次いで9万2千人のフィンランド、8万8千人デンマーク、そして8万人のノルウェーと続きます。
北ヨーロッパ8カ国を合計すると、IT技術者数は52万5千人となり、109万人である日本の約半数です。

図表④「各国の情報通信就業者数とIT技術者数~北ヨーロッパ編」

<出典>国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成
<情報年> 2017年

IT技術者の割合が総じて高い北ヨーロッパ各国、中でもアイスランドが2%とトップ

続いて、全人口に占めるIT技術者の割合を、図表⑤「各国におけるIT技術者の割合~北ヨーロッパ編」で見ていきたいと思います。北ヨーロッパ地域で、最もIT技術者の割合が高い国は、アイスランドで2.0%でした。これは、世界トップの割合です。そして、スウェーデンが1.92%、エストニアが1.74%と続きます。ヨーロッパのほかの地域と比べても、北ヨーロッパ各国のIT技術者の割合は総じて高く、注目に値する結果となりました。

図表⑤「各国におけるIT技術者の割合~北ヨーロッパ編」

※出典および情報年は、図表④と同じ

IT技術者が最も増えているのは、ラトビア、次いでエストニア、スウェーデン

続いて、北ヨーロッパ各国において、IT技術者がどのくらい増えているのかについて、IT技術者数をデータが収集できた直近年と比較した増減率を、図表⑥「各国のIT技術者数の伸び率~北ヨーロッパ編」で見ていきたいと思います。
北ヨーロッパ8カ国で、最もIT技術者数の伸び率が高い国は、ラトビアの16.67%で、ルクセンブルクとならび世界トップの伸び率です。次いでエストニアの15.00%、スウェーデンの12.14%と、この3カ国はいずれも高い増加率となりました。

図表⑥「各国のIT技術者数の伸び率~北ヨーロッパ編

※出典および情報年は図④と同じ

 

SERVICE

◆世界92カ国のレポートは、下記にて公開しています。
「92 カ国をデータで見みるITエンジニアレポートvol.1  世界各国のIT技術者数まとめ」
URL:https://git.resocia.jp/info/post-developers-around-the-globe-survey/

◆ヒューマンリソシアでは、海外の優秀なITエンジニアを採用し、国内のIT企業に派遣する「Global IT Talent(GIT、ギット)サービス」を展開しています。
GITサービス詳細は、git.resocia.jpにてご確認ください。

> GITサービス詳細へ

関連記事