~世界のIT技術者の給与動向を調査~ IT技術者の給与が最も高いのはスイス、2位米国、日本は世界20位、中国が25位と迫る

[ヒューマンリソシア調査]2022年度版:データで見る世界のITエンジニアレポートvol.6

総合人材サービス会社のヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢、以下「当社」)はこのたび、世界のIT技術者の給与動向を調査し、「2022年度版:データで見る世界のITエンジニアレポートvol.6」として発表いたしました。

国際労働機関(ILO)や各国の統計データおよび公表データをベースとした独自分析により、世界98カ国のIT技術者の給与を調査。世界で最もIT技術者の給与が高いのはスイスで、ヨーロッパ各国の給与の高さが際立ちました。一方日本は世界20位で、昨今の円安・ドル高の影響もあり、前年比▲15.1%と大幅に減少しました。中国が25位と迫るなど、世界と比較し日本のIT技術者の給与水準の低さが憂慮される結果となりました。
 

【本件のポイント】
●IT技術者の給与、世界で最も高いのはスイス、2位は米国、3位イスラエル
●日本のIT技術者の給与は世界20位、中国が25位と迫る
●世界における日本のIT技術者の給与の優位性は、円安・ドル高の影響もあり、大きく低下
※出典元等の詳細は、本レポート最後に記載しています。


世界のIT技術者の給与、1位スイス、2位米国、3位イスラエル、日本は20位   


世界のIT技術者の給与(※1)を調査したところ、1位がスイス(100,053USドル)、2位が米国(89,161USドル)、そして3位がイスラエル(85,131USドル)となりました。デンマーク(4位)、ノルウェー(6位)、ドイツ(7位)、フィンランド(9位)、アイルランド(10位)といったヨーロッパの国々がトップ10にランクインしており、IT技術者の割合が高い(※2)ヨーロッパ各国の給与の高さが際立ちます。一方日本は、20位となり(38,337USドル)、中国が25位と迫っています(図表2)。

図表1
 図表2
 
※1 PayScaleサイト(https://www.payscale.com/rccountries.aspx)の検索にて、Software Engineerの年収(USドル)のデータを元に調査しています(検索日:2022年10月20日)。検索結果は、2022年1月から9月の平均為替レート(国際通貨基金(IMF)の統計データを使用)を元にUSドルに換算し算出しています。
※2 参照:[ヒューマンリソシア調査]2022年度版:データで見る世界のITエンジニアレポートvol.5 https://corporate.resocia.jp/info/news/2022/20221213_itreport05 
 

世界の情報通信業就業者の給与も1位はスイス、日本は40,837ドルで24位

続いて、情報通信業で就業している人の給与を国別に調査したところ(※3)、1位はIT技術者と同様、109,985USドルのスイス、2位95,024USドルのカタール、3位に90,070USドルのルクセンブルクが入りました。米国は85,062USドルで4位、5位以降はヨーロッパの国々が続きます(図表3)。なお、情報通信業就業者とは、情報通信業で就業しているIT技術者を含むすべての職種の人が含まれます。

また、11位以下もヨーロッパ各国が続き、アジアではシンガポールのみが20位にランクインしました。また日本は、40,837USドルで24位となり、22位の韓国(48,527USドル)を下回る結果となりました(図表4)。
図表3
図表4
※3 平均年収。中国は、中国統計年鑑より引用。その他は、国際労働機関(ILO)のデータベースより、情報通信業就業者の平均年収データ(単位:USドル)を使用しています。
 
 
 

日本のIT技術者の給与、円安の影響もあり、前年比▲15.1%と大幅に減少

 
続いて、IT技術者および情報通信業就業者の給与額を、前年データと比較し、増減率(増減額÷直近前年額)を算出することで、給与額の伸びを調査しました。

まず、IT技術者の給与額について、前回調査(検索日:2021年6月25日)データとの比較により増減率を算出したところ、増加率の1位はアルゼンチンで、前年比で81.9%増となりました。またトップ10にはパナマ、ブラジル、メキシコがランクインし、IT技術者が増えている(※2)南米地域でIT技術者の給与額が大幅に上がっています(図表5)。
図表5
情報通信業就業者の給与についても、前年データと比較し増減率を調査したところ、増加率1位はスロベニア、2位ハンガリー、3位には東アフリカの島国であるセーシェル共和国が入りました。アジアの国では、中国が10.1%増の13位、韓国が4.7%増で30位、インドが0.7%増の41位となりました(図表6)。
図表6
一方日本は、IT技術者の給与の増減率は▲15.1%の67位で、IT技術者の給与が大幅に下がっています。また情報通信業就業者の給与でみても、日本は59位で、増減率は▲5.1%の結果となりました。中南米や欧州などIT技術者が増えている地域で給与が上昇する中、USドルに対する為替レートが大きく変動していることを考慮に入れてもなお、日本のIT技術者の給与水準の低さが憂慮される結果となりました。
 
 
 

ヒューマンリソシア調査 「データで見る世界のITエンジニアレポート」について

国際労働機関(ILO)や経済協力開発機構(OECD)、各国の統計データを元に、世界のIT技術者の動向を俯瞰的に把握することを目的に、2020年より調査結果を公開しています。過去の調査結果は、以下よりご確認いただけます。
 

ヒューマンリソシア 海外ITエンジニア派遣 「Global IT Talentサービス」 について               

世界各国から優秀なITエンジニアを採用し、国内企業に派遣するグローバルプロジェクト。世界50を超える国から800名以上を採用し、国内企業に派遣しています。日本語教育にて30 年以上の実績をもつグループ会社のノウハウを活用し、ITエンジニアとして必要な日本語力を育成したうえで、顧客企業のITプロジェクトに派遣しています。
●サービスサイトURL: https://git.resocia.jp

 

調査に関する出典/備考

1) 出典について
・国際労働機関(ILO) および、企業の給与などに関する情報を収集・提供している「PayScale」にて検索した「Software Engineer」の給与データ(検索日:2022年10月20日)を活用しています。
・「Software Engineer」の給与データは、前年データ(検索日:2021年6月30日)は、2021年の年間平均為替レート、2022年データは2022年1月から9月の平均為替レートでUSドル換算しています。また、為替レートは、国際通貨基金(IMF)の統計データを使用しています。
・中国の情報通信業就業者の給与額は、中国統計年鑑のデータを使用しています。

2) 調査対象とした国・地域
以下、調査対象とした国・地域のうち、IT技術者給与については71カ国、情報通信業就業者の給与については98カ国の取得データを元に、調査をしています。
<アジア・太平洋地域>
中国、インド、日本、韓国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、台湾、パキスタン、タイ、マレーシア、バングラデシュ、香港、シンガポール、スリランカ、ミャンマー、カンボジア、オーストラリア、ニュージーランド
<北米・中南米>
アメリカ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、ペルー、エクアドル、ボリビア、グアテマラ、ドミニカ共和国、コスタリカ、ウルグアイ、ホンジュラス、エルサルバドル、パナマ
<ヨーロッパ>
イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、アイルランド、ルクセンブルク、スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシャ、セルビア、クロアチア、スロベニア、マルタ、モンテネグロ、キプロス、ロシア、ポーランド、ウクライナ、ルーマニア、チェコ、ハンガリー、ベラルーシ、ブルガリア、スロバキア、モルドバ、キルギス、ジョージア、アルメニア、カザフスタン、アゼルバイジャン、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、ラトビア、リトアニア、エストニア、アイスランド
<中東>
トルコ、イスラエル、アラブ首長国連邦、イラン、カタール、ヨルダン、オマーン、サウジアラビア、クウェート、レバノン
<アフリカ>
エジプト、カメルーン、ガーナ、セネガル、モーリシャス、ザンビア、ルワンダ、マリ、ブルンジ、タンザニア、ウガンダ、ケニア、ブルキナ・ファソ、コートジボワール、シエラレオネ、トーゴ、ボツワナ、レソト、ナミビア、アンゴラ、モザンビーク、セーシェル、ジンバブエ、ガンビア

3) その他
・調査結果の構成比は、小数点以下を四捨五入して算出しているため、合計値は必ずしも100%とはなりません。

 

ヒューマンリソシアについて

総合人材サービス会社として、人材派遣、人材紹介、業務受託サービスを全国27拠点で展開しています。1988年創業以来、教育事業をバックボーンに多彩なサービスを展開するグループの総合力を活かし、「人材」に関する幅広いサービスを提供しています。
●ヒューマンリソシアWEBサイト: https://resocia.jp

ヒューマングループについて

ヒューマングループは、教育事業を中核に、人材、介護、保育、美容、スポーツ、ITと多岐にわたる事業を展開しています。1985年の創業以来「為世為人(いせいいじん)」を経営理念に掲げ、各事業の強みを生かし、連携しながらシナジーを最大限に発揮する独自のビジネスモデルにより、国内300拠点以上のネットワークでお客様に質の高いサービスを提供しています。
●ヒューマンホールディングスWEBサイト: https://www.athuman.com/

 

会社概要

ヒューマンリソシア株式会社
●代表取締役: 御旅屋 貢
●所在地: 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア1階
●資本金: 1億円
●URL: https://resocia.jp


■本件に関するお問い合わせ■
ヒューマンリソシア式会社 広報担当 吉田
E-mail: resocia-pr@athuman.com

■ヒューマングループに関するお問い合わせ■
ヒューマングループ 広報担当 若林、平
E-mail: kouhou@athuman.com